2019.1.9 12:02(1/2ページ)

尺ハギ狙え!新年最初の餌泥棒御用だ

尺ハギ狙え!新年最初の餌泥棒御用だ

船中最大の28センチのカワハギ。大台突破は目前だ=東京湾・剣崎沖

船中最大の28センチのカワハギ。大台突破は目前だ=東京湾・剣崎沖【拡大】

 新年最初は、餌取り名人といざ勝負! 東京湾のカワハギの釣果が上がってきている。大型が上がっており、30センチ超えの尺ハギも出ているとか。初釣りの相手にもってこい。神奈川県横須賀市・鴨居大室『五郎丸』へ向かった。

 初釣り客らで港は賑わっていた。釣り座で餌のアサリのぬめりを塩で落としていると、福本清行船長が「きのう33センチの大っきいのが釣れたよ」と教えてくれた。期待を膨らませて出船だ。

 北風が強く吹く中、船はしぶきを上げて竹岡沖の水深20~27メートルへ。アサリを小さく丸めて3本バリに付けてスタート。大きく揺れるため、オモリを底に着けたまま様子を見る。右舷で良型の船中第1号が上がった。

 オモリで底をゆっくりタタく。かすかなアタリが。仕掛けを上げると、下の餌がかじられていた。今度はオモリで底をタタいた後、少し止めて食わせの間を作ってみる。“カツカツ”とカワハギらしいアタリ。竿を立ててきき上げる。掛かった! 慎重にリーリング。ファーストフィッシュは16センチのカワハギだ。

 ポツポツ釣れていたが、強かった北風が少し落ち着いてきたので、剣崎沖の水深35メートル前後へ。こちらは根が多い。着底してすぐ糸フケを取らないと根掛かりしてしまうので要注意。餌のアサリはきれいなまま。底荒れの影響で渋いもようだ。

 それでも常連はしっかり餌が取られている。聞けば、細かくしっかりタタいて誘っているという。まねをしてタタいてみると、久しぶりのアタリ。が、あと少しのところでバラしてしまった。

【続きを読む】

  • 20センチのカワハギを釣った今井寿美礼さん。リベンジを誓った
  • タタキ釣り、タルマセ釣りとあの手この手で餌泥棒を御用だ
  • 餌のアサリは「バクバクソルト」などで締めるとハリ付けしやすい
  • 当日の仕掛け