2019.1.9 12:01(1/2ページ)

昨年末から南紀はメジロ押し!/関西フィッシング

昨年末から南紀はメジロ押し!/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
型ぞろいのメジロ12匹にハマチ、マダイ。平井憲さんに負けない釣果を、今なら白浜沖で狙える

型ぞろいのメジロ12匹にハマチ、マダイ。平井憲さんに負けない釣果を、今なら白浜沖で狙える【拡大】

 昨年末から和歌山・白浜沖でメジロが釣れ盛っている。オキアミによる連日の好釣果を受け、がまかつフィールドテスター、平井憲さんが中紀・みなべ堺港の「純栄丸」(湯川佳基船長)に乗船。2本バリ仕掛けのダブルヒットにも余裕で対応するがまかつの船竿「がま船シーファング真鯛50号2・7メートル」を駆使して、白浜沖のスプリンターと真っ向勝負した。

 白浜沖では年末から、オキアミをマキエにしたメジロ釣りが面白い。連日の数釣り情報にいても立ってもいられず、この時期食べ味、釣り味そろった白浜沖の弾丸ランナーを仕留めに、純栄丸の湯川船長にポイントへ案内してもらった。

 みなべ堺港に午前5時集合の5時半出船。釣り座は左舷舳先に取り、白浜沖のポイントまで40~50分。北東の風に弱い下り潮、小雨模様で海上はウネリがあり、後半になるにつれて風も強くシケるようだ。

 多数の船が同じ水深約50~52メートルのポイントを順番に流す。船長の指示ダナ、底から6~7メートルを探る。隣の船で竿が曲がった! チャンス到来。マキエワークを含めてロッドを大きく振り、誘いを入れる。しばらくすると小さなアタリ! 竿で聞きアワセると、竿先が海面に突き刺さった。

 8号ハリスに調整したリールのドラグ(糸切れ防止機構)がズルズルッと鈍く滑る。「がま船シーファング真鯛」を立て、胴からバット(手元)にかけてのパワーバランスで数回の抵抗をしのぎ、魚を浮かせる。

 最後は竿の弾性パワーで魚体を引き寄せ、マキエカゴを船内に取り込みハリスを手繰り寄せ、誘導してタモ(玉網)に収めた。本命のメジロが顔を見せた。

【続きを読む】

  • 型ぞろいのメジロ12匹にハマチ、マダイ。平井憲さんに負けない釣果を、今なら白浜沖で狙える
  • 平井さんのメジロ・マダイ釣りタックル