2018.12.27 12:00

【竿々学々】千葉県・外房、銚子外川沖のヒラメ絶好調!2桁釣果当たり前、3~4キロ級も顔を出す

【竿々学々】

千葉県・外房、銚子外川沖のヒラメ絶好調!2桁釣果当たり前、3~4キロ級も顔を出す

特集:
竿々学々

 ――師匠、お正月目前ですが、今シーズンはマダイの調子があまり良くないですね。何か代わりはないですか。

 「お前は、『タイやヒラメの…』って言葉を知らないのか。マダイがダメなら、ヒラメしかね~だろうが」

 ――ああ、『タイやヒラメの舞い踊り』ってやつですか。そういえば、銚子沖のヒラメが絶好調って聞きましたが。

 「ああ、銚子沖だけじゃなく、飯岡沖、片貝沖も大原沖…と外房全体で絶好調だな」

 ――父が2桁釣果もまったく珍しくはないって言っていましたが…。

 「その通りだ。釣果欄の数だけ見ていたら、とてもヒラメの釣果とは思えないような数字が並んでいるからな」

 ――しかも型もよくなってきたそうじゃないですか。

 「おお、ここに来て1キロ以下のソゲ級は少なくなり、毎日のように3~4キロ級が顔を出しているからな」

 ――そんなに型もよくなっているなら、2、3匹あれば十分ですよね。

  「2、3匹どころか普通の家庭なら1匹あれば十二分に刺し身が食べられる。コブ〆なんかを作るにしても2匹もあれば十分だと思うよ」

 ――ヒラメは、丁寧に扱えばリリースしてもちゃんと生きていますよね。釣れ過ぎたらリリースしたいですね。

 「おお、いい心がけだね。ヒラメは7年も8年生きる魚だからな。食べ切れないほど持って帰らず、小型のモノはリリースしたいな」

 ――ですよね。我が家もおじさんの家の分も入れて2匹あれば十分ですから吟味して釣ってきますね。

 「悪~い。俺の分も1匹頼むよ。どう考えても年末までに出掛けるのは無理なんで。できるものなら正月用のコブ〆を作りたくてさ。よろしく頼むよ」

 ――分かりました。父と彼と3人で行くことになっていますから、師匠の分も1匹釣ってきて差し上げますよ。この間、父に聞いたら、今シーズンのヒラメは、魚影が濃いせいもあるのかすごく食い込みがいいだそうですよ。私にも釣れそうですから任せておいてください。

 「ああ、アテにしてまっせ」

 ――はい。分かりました。

 「父君と彼氏にもよろしく伝えてくれ」

 ――はい。