2018.12.20 17:26(3/5ページ)

【取材】パチ屋が原則屋内禁煙に!?室内でタバコが吸える「喫煙ルーム」の重要性を調査してきた

【取材】

パチ屋が原則屋内禁煙に!?室内でタバコが吸える「喫煙ルーム」の重要性を調査してきた

パチ屋が原則屋内禁煙に!?室内でタバコが吸える「喫煙ルーム」の重要性を調査してきた

パチ屋が原則屋内禁煙に!?室内でタバコが吸える「喫煙ルーム」の重要性を調査してきた【拡大】

■2020年までにパチンコホールがすべき事は?

 「受動喫煙防止法案」について、さらに詳しく聞いたところ、2020年4月までに完全禁煙ホール以外のほとんどのお店は、以下の選択をする必要があると言います。

 ・遊技フロアを禁煙にして、厚生労働省が認めた「喫煙ルーム」を店内に設置する

 ・全面禁煙ホールとして生まれ変わる

 そして、未だ未確定ではありますが、以下の選択肢もありえるとのこと。

 ・電子タバコ限定の成人喫煙者専用ホールに生まれ変わる

 ・条件的に可能であれば、店内を完全禁煙にして、野外に喫煙スペースを設ける

 今は店内でタバコを吸いまくれるホールですが、およそ1年半後には、ほとんどのホールが今のかたちで営業できなくなる。実感は沸かないですが、Xデーは着実に迫っているわけです……。パチンカー&スロッターも自分の喫煙事情に応じて、ホールを選ぶ時代が訪れるということでしょう。

 現在、ホールのお客様のおよそ55%は喫煙者だと言われています。タバコが吸えなきゃ他店に行くという方も多そうですし、今後ほとんどのホールが「喫煙ルーム」を設置することになるのでしょうか。

 今でも喫煙ルームのあるホールは多少なりともありますが、ぶっちゃけあそこって、受動喫煙しまくりで、タバコの匂いつきまくりですよね。自分の出す煙はいいけど、他人の出す煙はちょっと……という方は、抵抗を感じるかもしれません。

 しかし、その点に関しては秘策がある模様!

【続きを読む】

  • 「SmartSmoking:O」(コマニー製品名はSMOT-Xになります)