2018.12.18 12:00(1/2ページ)

冬スルメ攻略 ツノを見切られないように誘う“さじ加減”がカギ

冬スルメ攻略 ツノを見切られないように誘う“さじ加減”がカギ

肉厚&特大の5点掛け

肉厚&特大の5点掛け【拡大】

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】平成最後の年末は、ズッシリ快感で竿納め! 千葉県勝浦市・川津『鈴丸』で肉厚の冬スルメイカが好調だ。釣りたてを船上で干したスルメの船上干しは、正月にもほしい逸品。今回は鈴木武夫船長とデリケートな冬スルメ攻略法をガイド。皆さん、よいお年をお迎えください。

 ★冬の名物に

 釣り場は勝浦沖の水深210メートル前後。当日は終日ボツボツとノり、直結仕掛けの人は5点や7点掛けもあり、30~45センチを9~22尾。初挑戦の女性もブランコ仕掛けで11尾と大健闘。「肉厚で船上干しは最高。冬の名物になりつつあります」と船長。

 ★直結は下3本を6号で

 タックルの概要は別図を参照。竿は1・8メートルまでのイカ専用で、9対1~8対2先調子が良い。直結の場合は、1・5メートル前後が仕掛けを回収しやすい。4、5尾掛かると、かなりの重量のため、ハイパワーなリールも必須。ブランコはサバが多いと不利だが、風波の日はバラシが少ないので、直結ファンも用意しよう。船長は「この時期は底が狙い目。直結の場合、真っ先にイカの目につく下3本までをハリス6号で結んでください」。プラヅノは18センチでブルー、ピンク、ケイムラが鉄板だ。

 ★操作はスローで優しく

 船長は攻略の要点を「深場の特大スルメは、根周りに付いて近くの餌だけを食っているイメージ。夏場の若いスルメのように激しい誘いにはノりません。スローながらもツノを見切られないように誘う“さじ加減”がカギ」とズバリ。投入は、合図と同時に速やかに行うのは鉄則。潮が速いときはサミングして、無駄な糸フケを出さないように。

【続きを読む】

  • 初挑戦の女性もブランコ仕掛けで11尾と大健闘
  • 肉厚で船上干しは最高
  • 投入は、合図と同時に速やかに行うのは鉄則
  • 以降は、交互の繰り返しで取り込もう