2018.12.7 05:00

【甘口辛口】“前馬未到”オジュウチョウサンの挑戦には間違いなく夢がある

【甘口辛口】

“前馬未到”オジュウチョウサンの挑戦には間違いなく夢がある

オジュウチョウサン

オジュウチョウサン【拡大】

 ■12月7日 「オジュウチョウサン、これで本当に有馬記念に出られますね」。ひいきの居酒屋の店主がうれしそうだ。オジュウ-とは中央競馬で2年連続最優秀障害馬に輝いた競走馬。障害王が一年の総決算といわれる大一番への出走が確実となり、「平地のGI馬を負かしたら痛快ですね」と下克上を夢見ている。

 平地では2勝のみの馬がどうして有馬記念に出走できるかというと、ファン投票で選ばれた馬が競う一戦だから。「プロ野球のオールスター戦のようなものを競馬でも作ってみてはどうか」という発想から1956年、登録馬のうちファン投票の上位10頭が優先的に出走できるレースとして誕生した。

 オジュウは、昨日発表された最終集計で10万を超す票を獲得。順位は中間発表と同じ3位だが、先週に武豊騎手とのコンビ継続が決まったことも10万の大台に乗せた要因のひとつだろう。

 「川崎祭のようなものですか」と競馬に疎い常連客が尋ねる。2003年、過去2年公式戦での登板がない中日・川崎憲次郎投手を球宴のファン投票で1位にするため、ネット上で展開された大量組織票工作のこと。川崎投手はセ・リーグの先発部門で最多票を得たが、選出を辞退。そこがオジュウとまるで違う。馬主は選出を熱望し、ファンもグランプリで走る姿を見たくて投票した。

 障害を走った経験のあるメジロパーマーが有馬記念を制した例はあるが、障害王の参戦は寡聞にして知らない。ファン投票上位での出走となると史上初のこと。「勝てば大谷翔平のようにハイレベルの二刀流の完成。楽しみだなあ」と店主。平地GIを勝てる実力があるかは不明だが、“前馬未到”の挑戦には間違いなく夢がある。 (鈴木学)