2018.11.15 12:00

【竿々学々】千葉県・富津の水路でハゼ異変!?20センチ級交じり4時間半で1束半オーバー

【竿々学々】

千葉県・富津の水路でハゼ異変!?20センチ級交じり4時間半で1束半オーバー

特集:
竿々学々

 ――師匠、父に聞きましたよ。私に内緒で富津の水路にハゼ釣りに出かけたそうですね。

 「別にお前に内緒で出かけたわけじゃない。父君に聞いたら、お前は別に用事があるからって言っていたので誘わなかっただけだよ」

 ――それで何かとんでもない釣りをしたそうじゃないですか。父は80匹台だったらしいですが、師匠は1束半(150匹)以上釣ったって聞きましたよ。それもいい型ばかりだったそうですね。

 「実は、この時期なのに今シーズン最高の釣りだった。久しぶりに糸鳴りするハゼを釣った」

 ――糸鳴りするハゼってどんな大きさなんですか。

 「12、13センチ級が2割、15、16センチ級が8割だったんだが、19センチオーバーが5匹だけ交じった」

 ――ハゼの15、16センチは結構大きいですよね。

 「確かにな。しかし、そのサイズでは糸鳴りはしない。18、19センチになると合わせた瞬間にキューン!となる。その昔、利根川で大きなハゼが釣れていた頃は、毎年のように糸鳴りを聞いていたんだが、ここ20年、ついぞ聞いていなかったからな」

 ――富津の水路ってこの時期にそんなに釣れるんですか。

 「いや~、正直言って俺もビックリした。例年だと10月半ばには、釣れる数が落ち出して、11月にはほとんど海に落ちて釣れなくなるんだがな」

 ――水深はどれくらいの所で釣れたんですか。

 「それが上げ潮一杯の時には立ち込んでいる足元でも釣れたからな」

 ――足元って40、50センチってことですよね。そんな水深にいるんですか。

 「お前の言う通りなんだが、俺も初めての体験なのでよく分からん。水温はそれなりに下がっていてウエーダーをはいて立ち込んでいても結構寒かったからな」

 ――でしょう。

 「あそこの水路には、もう20年以上前から通っているが、この時期に出かけたことはなかった。一度、相棒が11月の第1週に出かけて全くダメだったことがあって、それ以来11月に入ってから行っていなかったからな」

 ――それで、いつまで釣れそうなんですか。

 「あの釣れ方を見ていると、すぐに釣れなくなるって感じはなかったな。もちろん、この気温だから、今週末も絶対大丈夫かと言われると、確答はできないがな」

 ――私、まだ20センチのハゼって釣ったことがないので、今週末行ってこようっと。

 「おお、今週末、俺はいけないんで、帰ってきたら状況を教えてくれ」

 ――はい。分かりました。