2018.11.10 05:00

【甘口辛口】チコちゃん、紅白内定に流行語大賞ノミネートも…ボーっとする時間も大切にしたい!

【甘口辛口】

チコちゃん、紅白内定に流行語大賞ノミネートも…ボーっとする時間も大切にしたい!

塚原愛アナ、チコちゃん、岡村隆史

塚原愛アナ、チコちゃん、岡村隆史【拡大】

 ■11月10日 大みそかのNHK紅白歌合戦の司会者が9日、発表され、今年も残り少ないことを実感する時期になった。振り返れば猛暑や西日本豪雨、北海道胆振(いぶり)東部地震など、列島が大災害に見舞われた年だった。広瀬すず、櫻井翔のフレッシュな紅白司会コンビが来年に向け、視聴者を元気づけてくれるだろう。

 もちろん、近く発表される出場歌手こそ主役だが、すでに“ゲスト出場”が内定したのはチコちゃん。4月にスタートした同局のクイズバラエティー「チコちゃんに叱られる!」の博識な5歳の愛くるしいキャラクターである。「人が別れるとき、手を振るのはなぜ」など素朴な疑問を繰り出すが、それに大人たちが答えられないと突然、怒る。

 そのときの暴言「ボーっと生きてんじゃねーよ!」は、7日に発表された「2018 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語に選ばれた。年間大賞は12月3日に発表されるが、その痛快さがちまたで話題に。しかも、金曜夜の本放送より、土曜朝の再放送の方が全て視聴率が高いという珍逆転現象を起こしている。

 今月3日の土曜は15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。高視聴率の朝ドラ放送直後という流れの中、くつろげる時間にチコちゃんの叫びは刺激的で説得力もあるからだろう。紅白では広瀬とチコちゃんの即席姉妹コンビが、大人をギャフンとさせる…などのクイズ企画があるかもしれない。

 それはそれで楽しみだし、チコちゃんのような小うるさい存在は、現実にいれば助けられることも多い。とはいえ、何かとせわしく世知辛い世の中。誰に気兼ねすることなく、ボーっとする時間も大切にしたいものだ。 (森岡真一郎)