2018.10.26 12:00(1/2ページ)

【ヘラブナ】冬の風物詩オダ釣り開幕!狙え巨ベラ

【ヘラブナ】

冬の風物詩オダ釣り開幕!狙え巨ベラ

冬の風物詩、オダ釣りが開幕。本格シーズンはこれからだ=千葉県我孫子市・北部手賀沼『湖上園』

冬の風物詩、オダ釣りが開幕。本格シーズンはこれからだ=千葉県我孫子市・北部手賀沼『湖上園』【拡大】

 千葉県我孫子市・北部手賀沼のオダ釣りシーズンが、いよいよやってきた。越冬のために身を潜める巨ベラを狙い、一喜一憂する冬の風物詩。早速、サンスポ推薦『湖上園』に出掛けた。

 ★概況

 『湖上園』のオダは、東西10メートル間隔21列、南北4メートル間隔17本の杭で形成。中間には丸太や竹などで組んだオダ(障害物)が沈めてあり、警戒心の強い巨ベラが身を潜める格好の場所になる。

 オダ場の水深は1メートルの浅場から3・5メートルの深場まで。ヘラは寒さが増すごとに深場に集結するが、先週末は18・5度とまだ高く、オダ場以外の浅場に群れがあった。今月末から11月に入れば本格化するだろう。

 ★釣り方

 底釣りのみ。オダ際でアタリがなければ餌打ち点を変えるか、移動してポイントを探ること。また、釣り始めに空バリで掛かりがある場所を把握して、餌打ち点を決めることが重要。

 ★仕掛け&餌

 竿は12~18尺をポイントによって使い分ける。仕掛けは通常よりワンランク太くして、オダへの掛かりを考慮して多めに用意。餌は両グルテン。

【続きを読む】

  • この日は出会えなかったが、40センチ以上の巨ベラも夢ではない