2018.10.24 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】サヨリ名人の仕掛けなら“松本サイズ”脱出できる!?

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

サヨリ名人の仕掛けなら“松本サイズ”脱出できる!?

秘伝の仕掛けを拝見

秘伝の仕掛けを拝見【拡大】

 いよいよ日本シリーズ。この時期は毎年、千葉・新浦安から高洲海浜公園の護岸に寄ってくるサヨリを釣るのが楽しみです。コマセかご付きの飛ばしウキに、餌は赤く染めたイカの切り身。35センチクラスも掛かるんですよ。ただ今回はのどを痛めてしまったので、釣行はお休み。当地で名人とうたわれる知人宅にお邪魔をして秘伝の仕掛けを拝見しました。

 お手製仕掛けのキモは、飛ばしウキとハリスを結ぶL字型のテンビンが誘導式になっていること。「透明のチューブを熱で曲げて、中に糸を通してある。アタリがダイレクトなんだよ」と名人。さらに本来はウキ下に中通しオモリが付いていますが、絡み防止でウキの内部にオモリを収納するなど至るところに工夫がいっぱい。

 講釈を伺ったあとは、お造りをいただきました。よく冷えた白身はほんのりあまじょっぱい。「ほんの少し塩を振ってあるんだよ」。ここにもひと工夫です。さぁ、今度は直伝の技で大サヨリをゲット…できるかな。 (フリーアナウンサー)