2018.10.20 12:00(1/2ページ)

【女子のミカタ】マコとの愛は忍耐第一 9日の初日は全員ゲット

【女子のミカタ】

マコとの愛は忍耐第一 9日の初日は全員ゲット

竿頭の野口さんが釣った27センチのマコガレイ。次回は絶対釣ってやる~=東京湾・小柴沖

竿頭の野口さんが釣った27センチのマコガレイ。次回は絶対釣ってやる~=東京湾・小柴沖【拡大】

 横浜市・金沢八景『荒川屋』で、マコガレイ釣りが始まった。オデコ覚悟のこの釣りも、9日の初日は全員型見たといううれしい情報をキャッチ。早速、“開幕ホヤホヤ”を味わいに、お邪魔してきました~!!

 「マコはキス釣りの延長みたいなもの。底にオモリが着いたら、糸フケを取ってゼロテンションに。誘いは7、8回小刻みに上下させる。あとは根気良く待つのみです」と山下光昭船長。確率アップのため、今回は2本竿で勝負です。

 開始早々、野口陽央さん(46、大田区)が26センチの本命マコガレイをゲット。「3年前、マコ初挑戦で46センチを釣ったときからマコのとりこです」と“両思い”のよう。私の竿にアタリはありますが、シロギスばかり。「私は本命のキスが欲しいの~」と訴えますが、無念のタイムアップとなりました。

 全体的には、25~27センチを0~2枚。「とにかくこの釣りは忍耐です」とラスト10分に1枚追釣し、野口さんが竿頭に。ハイ、修業して出直してきます。いち早くマコ乗合を始める貴重なスポット『荒川屋』は、マコファンの熱い視線で熱気ムンムンです。 (川目梢)

【続きを読む】

  • 客さんの紹介で出会い、昨年8月8日に歩さん(右)と結婚した山下光昭船長