2018.10.18 05:00

【甘口辛口】サッカーファンに多いと聞く「一言居士」 ウルグアイ戦はさすがに口出しの余地ないのでは

【甘口辛口】

サッカーファンに多いと聞く「一言居士」 ウルグアイ戦はさすがに口出しの余地ないのでは

 ■10月18日 サッカーファンには勝っても何か言わないと気がすまない「一言居士」が多いと聞くが、さすがに強豪ウルグアイ相手の快勝には口出しする余地はなかったろう。前線で動き回った南野、中島、堂安ら若手3人には躍動感という言葉がぴったりで、最後まで心地よく見続けられたのは初めてだった。

 この日2得点で森保新監督の初陣から3戦連発の南野、代表初ゴールの堂安、そして2得点に絡んだ中島。世代交代を強く印象づけた3人ともポテンシャルの高さは以前から知られていた。サッカーではえてしてドリブルがうまくてもパスが出せなかったり、シュートが打てても組み立てが下手という選手も多い。

 「3人にはそんなちぐはぐさはなく、しかもチームとしてしっかり噛み合っていたから次々にゴールが生まれた」と専門家。ハリルホジッチ元監督は「デュエル」(1対1の攻防)の重要性を力説したが、やはり組織力と勤勉さこそが日本サッカーのスタンダードということが再確認された快勝だった。

 先入観にとらわれずフラットな目線で代表を選んだ森保監督の手腕も買える。W杯直前のハリル氏解任で「長期的戦略の欠如」と批判され暗雲が垂れ込めた。そこにまた外国人監督が来ていたら、しち難しい理屈を並べる一方で若い人材が埋もれたままになったかもしれない。極めてシンプルな体制から、こんなハデな世代交代が半年後に生じるとは誰が予想したろう。

 南野はじめ若手はイケメン揃い。CMなどの露出でスターになる要素も十分持ち合わせている。ただウルグアイ戦が強烈すぎ打ち上げ花火で終わらないかとの心配がなくはない。この活躍を持続することが何より大事だろう。 (今村忠)