2018.10.14 05:00

【甘口辛口】オリオン座流星群が今月19日から出現 流星が消えるまでに願い事に挑戦してみよう

【甘口辛口】

オリオン座流星群が今月19日から出現 流星が消えるまでに願い事に挑戦してみよう

 ■10月14日 老境に入った愛犬のゴールデンレトリバーを真夜中に散歩へ連れ出すのが日課だ。トイレが近くなり、行かないと早朝に「連れていって」と起こしに来るので困る。毎晩のように夜空を見ていると、東の空のオリオン座の位置が日ごとに高くなるのがわかる。冬が近い。

 オリオンの右肩の位置にある赤い1等星ベテルギウスは、天文ファンの間で注目だ。赤色超巨星で太陽系の中心に置けば木星あたりまで達する大きさ。恒星としては寿命で、近く超新星爆発を起こすのではないかとされる。そんな天体ショーがもしあれば、見慣れた星座の形が変わる。

 今月は宇宙からのニュースが相次いだ。小惑星「リュウグウ」に到着した探査機「はやぶさ2」は、今月下旬に予定していた1回目の着陸を来年1月以降に延期。リュウグウの表面が岩だらけで「平らなところがひとつもない」ため慎重を期した。幸い11~12月はリュウグウが太陽の向こう側に入って通信できない期間。最適な着陸場所をゆっくり選んでもらいたい。

 米国では1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー2号」が、1号に続いて太陽系を出ると発表された。2号は木星、土星に続いて天王星、海王星に史上初めて接近し、観測してきた。これから広い広い星間空間で何を見て、何に会うのだろう。41年に及ぶ長い長い旅はまだ続く。

 地上では今月19日から25日にかけてオリオン座流星群が見られる。ピークは22日午前0時から。ハレー彗星が残したちりが正体で、速度が速いのが特徴だ。流星が消えるまでに願い事を言い終えるのは、実は至難の業。夜中の散歩が長くなってもこの機会に挑戦してみようか。わんこも喜ぶし。 (親谷誠司)