2018.10.12 05:00

【甘口辛口】勝率5割未満でCS進出の巨人に議論百出 ルール変更検討してみては

【甘口辛口】

勝率5割未満でCS進出の巨人に議論百出 ルール変更検討してみては

 ■10月12日 ひいきの居酒屋で、常連客たちがもめていた。プロ野球クライマックスシリーズ(CS)に、シーズンで勝率5割を割った巨人が出ることは是か非かについてだった。「潔く出場権を返上すべし」「ルールにのっとっているから出ていい。下克上の楽しみがある」「そうなったらシーズン覇者をないがしろにするようなもの。そんなCSはやめるべきだ」。

 2007年シーズンから導入されたCS。勝率5割に満たない球団が進出したのは2009年ヤクルト、13年広島、15年阪神、16年DeNAに続き今年の巨人で5度目。・486はワースト勝率での進出だけに議論百出はもっともだ。

 小欄は興行面からCS賛成派。3位争いが白熱したセ・リーグは今季、CSのおかげで消化試合がほとんどなかった。消化試合を天王山に変えるCSは錬金術のようなもの。とはいえ、そんな小欄でも5割を切った球団がCSに出ることに抵抗感はある。過去4回も同様な意見が出たはずだが、ここはより多くの人が納得するルールに変えてはどうか。

 ルール変更は5割未満の3位球団が対象。出場権を剥奪するのは興行的に得策ではない。ならばファーストステージでも2位球団にあらかじめ1勝のアドバンテージを与えるのがいい。つまり1敗でもすれば敗退。3位球団がファイナルステージに進出したときは通常1勝の1位球団に2勝のアドバンテージを付与する。

 これを過去4度の勝率5割未満の3位球団に適用すると、ファイナルステージに行けるのは13年広島のみ(実際は16年DeNAも進出)。143試合の長丁場で争うレギュラーシーズンの重みを考えれば、これくらいハンディがあっていい。 (鈴木学)