2018.9.20 12:00

【女子のミカタ】ボートで女子会 彼岸ハゼの宝探し

【女子のミカタ】

ボートで女子会 彼岸ハゼの宝探し

ビギナーの後輩、丸夏実(左)が空気を読んだ? 釣りの世界も“上下関係”が大事です=江戸川放水路

ビギナーの後輩、丸夏実(左)が空気を読んだ? 釣りの世界も“上下関係”が大事です=江戸川放水路【拡大】

 遅く起きた朝の日だって、「そうだ、釣りへ行こう」と気軽に手ぶらで楽しめちゃうボート釣りのハゼ。千葉県市川市・行徳『伊藤遊船』は家族やカップルのデートスポットとして連日大賑わいを見せている。サンスポ釣り班から私、先輩の川目梢(32)が後輩の丸夏実(20)とともに“釣り女子会”を開催。共同作業でオールを漕ぎ出し、江戸川放水路で彼岸ハゼの宝探しへ、レッツゴー!!

 釣り初挑戦の初々しい後輩は、動く青イソメの餌付けに大苦戦。そんな姿を見かねて船宿スタッフの吉田正巳さんが手渡してくれたのは、塩漬けされた青イソメ。ビギナーにとって動かない餌はとっても便利です。ズバッと不安を解決してくれました。

 水深1、2メートルとあって仕掛けの着底は一瞬。2人同時に糸を垂らすとすぐさまプルルル。先攻したのは先輩の私。しかし後輩がすぐさまダブルで反撃だ。この時期は“彼岸ハゼ”とも呼ばれる良型が顔を出す最盛期。この日も最大16センチが私たちの竿と遊んでくれました?

 バトルの行方は先輩39尾、後輩17尾とダブルスコアを付けた私の勝利です。舟上でランチを取りながら、ピクニック気分も楽しめるボート釣り。「釣りって楽しい」が都心から30分とすぐそこにあるのだから、秋の行楽シーズンはこれで決まりだ!!(川目梢)

船長の見通し「岸寄りの浅場で釣っていた夏場と違い、彼岸ハゼと呼ばれる秋は、広範囲で釣れサイズもアップするのでベストシーズンですね。昨年より湧きも良く今後も期待できます。1回釣った場所から場荒れしていない新しい釣り場へ、面倒でも移動した方がアタリの回数が違ってきます。貸し竿や仕掛けも船宿に常備してあるので手ぶらで楽しめます、ぜひ遊びに来てください」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=行徳『伊藤遊船』(電)047・358・5774〈交通〉東京メトロ東西線・妙典駅下車、徒歩で約6分。マイカーは首都高速7号・市川ICから行徳方面に約5分〈乗合料金〉ボート2人乗り3000円(3500円)3人乗り4000円(5000円)4人乗り5000円(6000円)6人乗り6000円(7000円)。カッコ内は土日祝の料金。レンタルの延べ竿300円。青イソメ1パック540円。利用時間は午前6時~午後3時。ボートは無休。

  • 女子にやさしい塩漬け青イソメ