2018.9.17 05:00

【甘口辛口】自民党総裁選はすでに“消化試合”状態…残る興味は小泉進次郎氏の支持表明

【甘口辛口】

自民党総裁選はすでに“消化試合”状態…残る興味は小泉進次郎氏の支持表明

 ■9月17日 あの人は一体どちらを支持するのか。安倍晋三首相が国会議員票の8割以上を固めたといわれる自民党総裁選(20日投開票)は、すでに“消化試合”状態。残る興味は人気者の小泉進次郎筆頭副幹事長の支持表明で、その影響力から国会議員票、地方票合わせて100票前後は動くともいわれるが、いまだに態度を明確にしていない。

 14日の候補者討論会のあと報道陣に囲まれ「二者択一の選挙に見えても、それほど単純ではない。語れば語るほど思いが伝わらない局面がある」と話した。門外漢には、これほどわかりやすい二者択一はないのに不可解でもある。もって回ったいい方ではぐらかしたとしか思えない。

 各メディアの世論調査で小泉氏は「首相にしたい政治家」で必ずといっていいほどトップになる。“進次郎ファン”としては待ちかねた態度表明だったかもしれない。しかし、前回6年前の総裁選同様、石破氏支持なら選挙後冷遇される可能性があるし、安倍氏支持なら風見鶏といわれかねない。なるほど単純ではなく黙っている方が得策なのか。

 そういえば似たような国民的人気者がもう一人…。土俵際の大逆転など薄氷を踏む相撲が続く横綱稀勢の里だ。はらはらドキドキしながら見守っているファンとしては一体どんな気持ちで土俵に上がっているか知りたいが、「しっかり集中して取るだけ」と決まり文句の繰り返し。もっと本音が聞きたいと思うファンも多いだろう。

 何を考えているのかわからない人気者、という点では二人は東西の横綱?。稀勢の里はともかく、小泉氏は将来の首相としての器量も試されているだけに、このまま“逃げの一手”ではちょっぴり情けない。 (今村忠)