2018.9.13 12:00(1/2ページ)

トップシーズンに“活エビ革命”だ!秋のマダイ乱舞

トップシーズンに“活エビ革命”だ!秋のマダイ乱舞

石井一也さんは活エビ初挑戦で500グラムのマダイをゲット=外房・飯岡沖

石井一也さんは活エビ初挑戦で500グラムのマダイをゲット=外房・飯岡沖【拡大】

 エビでタイを釣る、そこに“活”を入れた新しい釣りの登場だ! 今月1日から、千葉県遊漁船連盟に加盟している船宿で、活エビを使った釣りが可能になった。同県旭市・飯岡港『優光丸』でも早速導入。威力を実感しようと、ひとつテンヤで秋のマダイを狙った。

 飯岡沖のポイントに到着後、活エビが配られた。カゴの中でピチピチと元気に跳ね回る。「水深30メートル。底を狙って」と伊藤高弥船長のアナウンス。テンヤが着底したら糸フケを取り、素早く竿を頭上まで立てる。今度は、ゆっくり落とし込み。底のマダイは、フォール中に食いつくことが多く、テンションをゆるめないことが大事だ。

 ひたすら落とし込みを繰り返している最中、“クン”とアタリ。即合わせすると、ドラグが“ジージー”と鳴った。マダイ特有の3段引き。しかし、残り10メートルでふっと軽くなった。高波のせいか痛恨のバラシだ。

 1日に開幕したテンヤマダイの“活エビ革命”。全長5~10センチのバナメイエビで、高知県で養殖され、千葉県に輸送されている。テンヤへの刺し方は冷凍エビと同じ。尻尾は硬い部分を少し残して切り落とし、親バリは腹側へ刺す。冷凍に比べて力が必要だが、ずれにくい。外来種のため、生きた個体をそのまま海に放すことはNG。余ったら最後に船長が回収する。

 冷凍との大きな違いは、餌持ち。従来の冷凍はアタリ1回で頭が外れることもあるが、活エビは2回、3回とアタリがあっても元の姿を保っているほど。マダイが狙うのはエビの頭で、海中でその目が発光して魚の興味を引くため、アタリ自体多い。石井一也さん(40、浦安市)は活エビで500グラムのマダイを釣り、「冷凍より断然アタリが多い。他の魚の反応もいいね」と笑った。

 強風と波で底ダチが取りにくい状況が続く。ラスト1投、清水泰晶さん(24、墨田区)に300グラムの本命がヒット。「釣りはまだ3回目。前回は活エビのテンヤ初挑戦で5尾も釣りました」と威力に感心しきりだ。

 あいにくの悪天候、マダイはちらりと姿を現しただけ。しかし、ハタやハナダイ、ウマヅラなどゲストは多彩。秋のマダイシーズンがさらに白熱しそうだ。 (西岡信雅)

【続きを読む】

  • 活エビ歴2回目でマダイ6尾目
  • 親バリはまっすぐ腹側へ、孫バリは頭に刺す
  • 即合わせがマダイのセオリー。アタリを見逃すな
  • “エビ様”のにらみのように活エビの目が光る
  • 当日の仕掛け