2018.9.7 12:00

“未来のありさ”12歳釣りガールがいいアジ20センチ

“未来のありさ”12歳釣りガールがいいアジ20センチ

20センチのアジを釣った心菜ちゃん(右)。憧れのありささんと初共演に大喜び=東京湾・安浦港前

20センチのアジを釣った心菜ちゃん(右)。憧れのありささんと初共演に大喜び=東京湾・安浦港前【拡大】

 本紙「こんなのありさ」を連載中で、ハピソンガールとしても活躍する釣りガール、鈴原ありささん(22)が2日、ファンと一緒に釣りをするイベントを、神奈川県横須賀市・横須賀安浦『こうゆう丸』で行った。

 どんよりした曇り空も、ありささんの登場で参加者10人の目はキラキラ。荻野裕司船長とありささんのレクチャーからアジ釣りのスタートだ。

 釣り場は港前の水深15メートル。早速20センチのアジを手にかわいい笑顔を見せてくれたのは、「未来はありさちゃんみたいな釣りガールになりたい」と話す小林心菜ちゃん(12、つくば市)。この日が2回目の釣りで、母の芳美さん(36)とダブルヒットもあってニッコニコ。父の大樹さん(43)は娘の釣り姿にえびす顔で喜んだ。

 猿島沖の水深30メートルへ移動。型は25~30センチ主体とひと回り大きくなった。「型も良いし、数も釣れて料理も楽しみ」と、ありさファンで海釣り初挑戦の境優樹さん(32、館林市)。風雨で少し早い納竿となったが、ありささんと会話を楽しみながら24尾ゲット。クーラーも胸もいっぱいだ!!

 下船後は船長のさばき方教室、お楽しみ抽選会では目玉商品のマルキユー製リュックを心菜ちゃんが“1本釣り”し、会場は大いに盛り上がった。「雨が降りましたが、楽しかったという声が聞けてホントうれしい」とありささんは感動しきり。参加者全員でぶりっ子ポーズも決まり、自身初のファンイベントは大成功。大漁のアジも参加者の笑顔も、お任せありさ♪

 ★船長の見通し

 「きょうと同様に今後も前半は小型ですが、数釣りできる近場の15メートル前後、後半は猿島沖に移動して25~30センチの良型を狙います。秋は1年の中で釣果が最も安定しています。ビギナーでも安心して入門するチャンスです。レンタルの道具も揃っているので、気軽に遊びに来てくださいね」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=横須賀安浦『こうゆう丸』(電)046・823・1860〈交通〉京浜急行・堀ノ内駅下車。電話で送迎バスあり。マイカーは横浜横須賀道路・横須賀ICから本町山中線経由で観音崎方面、平成うみかぜ公園方面に進み横須賀魚市場前信号を左折〈乗合料金〉乗合は午前船7時20分、午後船1時出船。半日6000円。女性&高校生以下は4000円。貸し竿あり。毎週金曜は定休。

  • 出船前、ありささんと船長のレクチャータイム