2018.9.6 05:00

【ベガス】認知度アップへ高設定が入りやすい

【ベガス】

認知度アップへ高設定が入りやすい

特集:
ベガス小池

 【パチンコ編・Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ(SANKYO)】

 注目の設定付きパチンコ機がついに登場した。先頭を切ったのは、SANKYOのヴァルヴレイヴ、そして高尾のカイジ4とハイスクールオブザデッドだが、やはり気になるのは設定6なら勝率90%以上といわれるヴァルヴレイヴだろう。

 CRの方のヴァルヴレイヴも潜伏確変狙いなどができたが、今回のPヴァルヴレイヴは同様に潜伏確変狙いができる上、設定看破で高設定台をつかむことも可能。加えて、設定付きが常識と認知されているスロと違い、新登場の設定付きパチンコは認知度を高めてファンを増やさなければ、今後のパチンコの命運に関わる話。なので、高設定を入れるホールが多いと考えられる、確実に狙い目のマシンなのだ。

 というわけでPヴァルヴレイヴの狙い方は、やはり設置台数が多く、バラエティーとかではなく看板コーナーに設置しているホールを狙うべき。さらに今機のゲーム性は、初当り時に必ず確変に突入し確変リミットが16回となっている。もちろん前作同様、初当り後の短いチャンスゾーン中に大当りすればRUSH突入。しなかった場合は、潜伏確変状態で通常画面に戻る。今機は確率約773分の1で通常に転落というシステムが追加されているが、基本的には潜伏確変と考えてよい。

 なので、連チャン終了後に単発大当りが数回(少ない方がより得)という台があれば、率先して狙うべき。その際は、データマシンで連チャン終了から何回大当りしたかをカウントすること。リミットの16回到達で通常状態に戻るからだ。

 設定看破のポイントは数多いので、判別しやすい物を挙げておく。まず、リーチハズレ時に赤シャッターが閉まり、美少女キャラのピノが通過すれば設定4以上。派手なシャッターでピノが通過し復活大当りすれば設定6。保留が5個目以上の際のヘソ入賞時、特殊音が発生したら設定4以上。保留7個目の入賞時なら設定6。赤図柄の315(サイコー)出目は出現したら設定6などだ。

ベガス小池

 羽根モノとAタイプスロをこよなく愛するパチプロ歴25年超のライター。パチ&スロは、腕を磨けば攻略できるというのが信条。パチやスロで稼いだ資金をラスベガスでのカジノ勝負に賭けては散財し続けるため、この名で呼ばれるように。 【twitter @vegaskoike】