2018.8.22 12:00(1/4ページ)

「第1回タチウオ甲子園」幅&数でドラゴン!聖地ナンバー1決定戦開催/関西フィッシング

「第1回タチウオ甲子園」幅&数でドラゴン!聖地ナンバー1決定戦開催/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
ジュニアたちも大型のドラゴンタチウオを釣りあげたい

ジュニアたちも大型のドラゴンタチウオを釣りあげたい【拡大】

 全国で人気のタチウオ釣りでNo.1を決める第1回「サンスポ杯タチウオ甲子園2018」(主催・タチウオ甲子園実行委員会、後援・サンケイスポーツなど)の予選・決勝を9~11月、“メッカ”大阪湾の船釣りと波止釣りで開催します。第1回大会は船が和歌山市加太の三邦丸、波止が兵庫県尼崎市・武庫川一文字の武庫川渡船のそれぞれ1店。タチウオ1匹の最大幅(体高)と釣った匹数の2部門で競います。参加募集はきょう22日にスタート!!満員になり次第締め切ります。

 船は三邦丸の午後便12~17時を利用。釣り方はエサにイワシなどを使うテンヤ釣り。サオ1本で40号タチウオテンヤ仕掛け(決勝は各チームメーカー配布のテンヤ)を使用。アシストフック類、ケミホタル類は禁止。リーダーはナイロンで、道糸はPE3号以内、エサは自由。なお、釣り最中のけがなどは釣り人の自己責任とします。

 競技は幅部門と数部門の2部門。幅部門は、各自が釣りあげたタチウオ1匹の最大幅(釣り人指定の位置)をノギス(精密測定器)で計測して順位を決定(参考記録で全長も計測)。船では同寸の場合、つぎは2番目に大きい魚体…と計測。数部門は釣った匹数で決定します。両部門の優勝者にはサンスポ優勝トロフィーを贈呈します。

【続きを読む】

  • ルアーのワインド釣法でジュニアも良型をゲット
  • 三邦丸の大型船で出船
  • “武庫一”が愛称の武庫川尻一文字にはズラリと釣り人が並ぶ