2018.7.13 05:01(2/4ページ)

うーたん、初センター!「SIR総選挙」で歓喜の涙

うーたん、初センター!「SIR総選挙」で歓喜の涙

特集:
SIR
どん尻→2位→優勝と3年目でセンターの座を勝ち取り破顔一笑の柳瀬。「私はいい女でもかわいくもないけど、個性はピカイチです☆」と新たなSIR像に挑んでいく

どん尻→2位→優勝と3年目でセンターの座を勝ち取り破顔一笑の柳瀬。「私はいい女でもかわいくもないけど、個性はピカイチです☆」と新たなSIR像に挑んでいく【拡大】

 今年で4回目を迎えた「SIR総選挙2018」は5月7日から6月27日まで、約2カ月間にわたって行われ、動画配信サイトSRの獲得ポイントと人気投票で争われた。SRはレベル18(207万7777ポイント)を真っ先に超えたものが1位となる。柳瀬は約50分という超絶スピードでクリアした。また、物販1000円につき推しメンに1票投票できる人気投票でも過去最高の5173票を獲得、2位桜井紗稀の1685票に大差をつけて圧倒した。

 終わってみれば柳瀬の圧勝だが、本人にとっては胃が痛くなる日々の連続だった。もしも人気投票でSR2位の桜井に敗れると総合ポイントが同数(23ポイント)となる。この場合は人気投票の順位が優先されるため、逆転されてしまう。柳瀬はSRで圧勝したことが災いし(!?)「さきちょん(桜井)に逆転される夢を2回見ました」というくらい、この2カ月間は抜かれるかもしれない恐怖とも戦う日々だった。

 また、今回は1期生・山下若菜と2期生・王崎まりなが不参加の総選挙となった。5、6、7期生の計12人で覇を競うという、ある意味、SIRの今後をファンに問う戦いでもあり、過去3回とは背負うものの大きさが違う。内面的にも外面的にもタフなバトルを制した柳瀬には、大きな期待がかかる。

【続きを読む】

  • どん尻→2位→優勝と3年目でセンターの座を勝ち取り破顔一笑の柳瀬。「私はいい女でもかわいくもないけど、個性はピカイチです☆」と新たなSIR像に挑んでいく
  • 過去の銀玉センター楽曲を熱唱中、「さのれな~、フォロワー5000人達成するんだよ~」とアドリブで励まされ、満面の笑顔で応える佐野
  • 戦いすんで、ホッとした表情に
  • SIR総選挙ベスト5
  • 銀玉ベスト5
  • 全国ツアー日程