2018.7.13 12:00(1/3ページ)

狙え!ビッグバス 54・5センチ、50尾超!湖1周爆釣の旅

狙え!ビッグバス 54・5センチ、50尾超!湖1周爆釣の旅

山木さんが仕留めた54・5センチのビッグバス=千葉・戸面原ダム

山木さんが仕留めた54・5センチのビッグバス=千葉・戸面原ダム【拡大】

 ヘラブナの釣り場として有名な千葉県富津市の戸面原ダムが、昨年10月からブラックバス釣りでもレンタルボートの利用が可能になった。房総のバス釣り場の中では、オープン以来数・サイズ共に好釣果が出ていると聞いていた。都心からのアクセスも良好。戻り梅雨の中、期待を胸に“バス釣り修行”のつもりで行ってきた。

 午前6時にサンスポ推薦『ボートセンター』に到着すると、雨の中、すでにバスアングラーとヘラブナの釣り人が多数出舟していた。私がこのダム湖に来るのは十数年ぶり。それもヘラ釣りで来て以来なので、湖の雰囲気も記憶になく、ゼロからのスタートだ。

 まずは宇藤木方面の上流へ釣り上がりながら、岸に対して斜めにキャストしつつスピナーベイトで流してみる。波打ち際ギリギリから引き始めること3投目。明確なアタリが来て30センチクラスをキャッチ。アタリは続き、数尾釣った後、吹きだまりにある浮きゴミの下に狙う。ラバージグ&ポークをピッチング。すぐに反応があり、25~30センチがポロポロ釣れた。

 最上流へ行った後は岩盤にポッパーを投げながら水面でのアタリを楽しみつつ、釣り下って本湖へ。高比重ノーシンカーワームを岸から2メートル程の深さまで沈めていく。ひたすらレギュラーサイズのアタリが続く。どんどん数を伸ばし、公園下から上郷方面へ向かった。

【続きを読む】

  • ローボート
  • ラバージグにヒットした48センチ
  • 使用タックル
  • 使用ルアー