2018.7.12 05:00

【甘口辛口】ベルギーを応援した日本の場違いサポーターも、決勝ではフランス国旗で応援して

【甘口辛口】

ベルギーを応援した日本の場違いサポーターも、決勝ではフランス国旗で応援して

前半、競り合うベルギーのデブルイネ(左)とフランスのカンテ=サンクトペテルブルク(共同)

前半、競り合うベルギーのデブルイネ(左)とフランスのカンテ=サンクトペテルブルク(共同)【拡大】

 ■7月12日 「あれっ、なんで日の丸が」と目を疑った。11日未明のW杯ロシア大会準決勝、フランス-ベルギーを見ていたらバックスタンド最前列に日の丸を持った観客が…。テレビに映って喜ぶ目立ちたがりの日本人なのか。それとも、日本に大逆転勝ちしたベルギーへの「日本の分も頑張ってくれ」というメッセージなのか。

 どっちにしても場違いな光景が目に入り、しばらくは気が散ってしまった。「事実上の決勝」という前評判だから午前3時起きしてみたのだが、実は小欄も日本の力を間接的に証明するためにもベルギーを応援したくちだ。しかし、後半6分、フランスのCKからのウンティティのヘディング一発で勝負は決まった。

 負けはしたが攻守でがらりとシステムを変え、ボールを奪うと一気に攻め上がるベルギーのサッカーは素人目にも面白かった。主導権を握りながらフランスGKロリスのファインセーブに阻まれたのは残念だった。「このレベルになると1点で勝負が決まる。2点差を逆転された日本とは、かなり地力の差があるということだ」と専門家。

 勝ったフランスは自国開催の1998年大会以来、20年ぶり2度目の優勝を目指す。“将軍”プラティニ時代の華麗で奔放な「シャンパンサッカー」のパス回しとまではいかないが、小気味よいパスに片鱗(へんりん)がのぞいた。1点差を守っての勝ち方も、みんなが心得ていてさすがに洗練されている。

 日の丸サポーターは準々決勝のベルギー-ブラジルにも現れたとか。「日本とベルギーの分も」と決勝にはフランスの応援で出現するのか。しかし、どう見ても違和感がある。場をわきまえ、応援するならフランス国旗を振ってほしい。(今村忠)