2018.3.15 05:01

【パチコンシェルジュ】充実のサービス 存在忘れていた

【パチコンシェルジュ】

充実のサービス 存在忘れていた

 最近のパチンコホールの設備やサービスって本当に充実していますね。大きくて見やすいデータランプがついているのは当たり前で、スマートフォンを充電するUSBケーブルの差込口があったり、店によってはテレビまで付いています。

 以前に僕が取材に行ったホールでは、1台ごとにテーブルが付いていてご飯を食べられるところもありました。併設されたカフェでは、食パンとコーヒーのモーニングセットが100円だったので開店直後の慌てふためく時間帯に「パチンコを打ちながら優雅な朝食をとる」こともできました。客の立場としては、一番サービスしてほしいのは“出玉”ですが、これからは設備やサービスが客付きを左右するかもしれませんね。

 僕も先日、一風変わったサービスに助けられました。自宅に「パチンコホール〇〇の○○店の者ですが…」と、ホールから電話がかかってきたんですよ。こんなことは初めてなので、悪いことをしてもいないのに一瞬ドキっとしてしまいました(笑)。用件を聞くと「しばらくご来店いただいてないようですが…」と切り出されました。自宅に営業電話をしてくるとは随分ずうずうしいなと思いきや、「小林様の会員カードに貯玉が2万発あります。もしやお忘れになっているかもしれないので…」というではないですか。まさに図星で、そのホールには1年近く行っていない上に、貯玉の存在を完全に忘れていました。

 た、助かった…。もし電話がかかってこなければ、2万発を捨てるところでした。普段からお金がなくてヒィヒィ言っているのに、こういうのを忘れちゃうのはなんなんでしょうね(笑)。この貯玉を使ってもらえばホール側の売り上げになるので単純な親切心だけではないでしょうが、こういうサービスはありがたい。皆さんも会員カードを作る際は、ぜひ正確な住所と電話番号を書いてください。ただし、ご家族に内緒でパチンコを打っている方は、スマートフォンの電話番号だけを書きましょう(笑)。

コーキー

新進のパチンコライターで、主に「パチンコ必勝ガイド」の誌面や付録DVDに執筆・出演している。カラダを張る過酷な企画を多く任されるが、本人は穏やかな仕事を求めている。「のらりくらりと勝つ」が立ち回りのモットー。【twitter @kobako9874】