2018.3.15 05:00

【甘口辛口】またも歴史塗り替えた藤井聡太六段 好奇の目にさらされるのはマイナスでしかない

【甘口辛口】

またも歴史塗り替えた藤井聡太六段 好奇の目にさらされるのはマイナスでしかない

 ■3月15日 もう、この人が次々に成し遂げる偉業には、いちいち驚いてもいられないくらいだ。将棋の最年少プロ、藤井聡太六段が今度は2017年度の記録4部門(勝率、勝利数、対局数、連勝)の1位を確定させ、史上最年少の「4冠王」に輝いた。15歳の中学3年生が、またも将棋界の歴史を塗り替えた。

 日本将棋連盟に記録が残る1967年度以降で「4冠王」は羽生善治二冠と、内藤國雄九段の2人だけ。4回達成した羽生二冠は18歳の88年度が初めてで、これが最年少記録だった。デビュー2年目の藤井六段は2局を残し、70対局で59勝11敗、・843の驚異的な勝率と16年度から継続した連勝29で達成した。

 29で連勝がストップし一瞬自分を見失った感じで、そのまま流れに飲み込まれてしまうのかとも思えたが、とんでもない。戦いながら修正し立て直した。「連勝ストップ直後なら勝てたかもしれないが、いまは…。他の棋士は努力して1歩進んでも彼はその間10歩先を行く。まあ、こんなものかと思えば腹も立たない」とある棋士は笑う。

 名古屋大教育学部付属中を卒業し内部進学で4月から高校生。頭のいい純朴な少年のイメージでCM業界から熱い視線が注がれていると聞く。好物のチョコレートや対局中の勝負メシに麺類が多いことからカップ麺、さらに競争激しい進学塾など需要はいくらでもありそうだ。

 それより何より、藤井六段がいつ初タイトルを取るかが最大の関心事。その前にCMで好奇の目にさらされるのはマイナス材料でしかない。もちろん本人にそんな気はないだろう。渦巻く思惑には連盟が防波堤になり将棋界、というより“日本の宝”として育てあげてもらいたい。 (今村忠)