2018.1.20 12:00(1/2ページ)

アジ釣りバチコンもありさ! ドキドキしちゃう~、ゲーム性があって楽しい

アジ釣りバチコンもありさ! ドキドキしちゃう~、ゲーム性があって楽しい

約23センチのアジを釣ってハッピーな鈴原ありささん。初挑戦のバチコンにハマりました=東京湾・猿島沖

約23センチのアジを釣ってハッピーな鈴原ありささん。初挑戦のバチコンにハマりました=東京湾・猿島沖【拡大】

 冬本番! アジをターゲットに、神奈川県横須賀市・横須賀安浦『こうゆう丸』さんに行ってきました。今回はコマセ釣りではなく、バチコンという釣法で狙いました。「バーチカル(垂直)に魚とコンタクト(接触)」という意味で、人気急上昇中です。ずっとやってみたかった釣りの一つで、すごく楽しみにしていました♪

 バチコン初心者の私に、今回教えてくださったのは、常連の石見一貢さん(40、世田谷区)。釣り方はシンプル。まずオモリを着底させます。そこからロッドをゆっくり上げ、そしてまたゆっくりと下げ、ラインを軽く張った状態でアタリを待ちます。大切なのはアジのいるタナを探すこと。それが釣果の差となるそうです。さっそくスタート。やっぱり初めての釣りは1尾釣るまでドキドキしちゃう~!

 荻野裕司船長が向かったのは、港からすぐの猿島沖の水深30~40メートル。寒い日が続くなか、この日は珍しくポカポカの釣り日和でした。開始30分後、「潮がいい感じに動いてきたからここからが本番だよ」と言われ、気合が入りました。すると、周りでコマセ釣りをしていた方々に次々とアジがヒットしました。

 これはチャンスと思い、着底させて5秒くらい待っていると“コンコン”とすぐにアタリが。アジは口が切れやすいので、アタリを感じながらゆっくりと合わせました。手元に伝わるグングンという引きを楽しみながら上がってきたのは20センチ前後のきれいなアジ。やった~! 1尾釣った時点で「なんて面白い釣りなんだ」と思うくらい。ゲーム性があって楽しいです。

【続きを読む】

  • 石見一貢さん(手前)の指導の下、鈴原さんは立て続けに竿を曲げた
  • ワームもいろいろ。この日はオレンジがヒットカラーでした
  • スマホアプリ「釣り計測」を使えば、簡単にサイズも測れちゃう