2018.1.19 12:00

【ヘラブナ】超大型の引きに笑顔満開

【ヘラブナ】

超大型の引きに笑顔満開

厳選された大型がヘラブナファンを笑顔にする =埼玉県羽生市『椎の木湖』

厳選された大型がヘラブナファンを笑顔にする =埼玉県羽生市『椎の木湖』【拡大】

 今季最強の寒波襲来。これでは釣果も期待できない。せめて型だけでも楽しみたいと出掛けたのが、埼玉県羽生市郊外にある『椎の木湖』。厳選した超大型のみを放流しており、ファンから圧倒的な支持を受けて人気の管理釣り場だ。

 ★概況

 『椎の木湖』は釣り座416席と広く、その魅力は“型”。これまでの記録は1枚3365グラムで、2000グラム級も多数釣れている。今季も800~2200グラムの大型が12トン放流済みだ。また釣り座に自動検量器が設置されているので、その場で重さが量れる。現在の状況はトップで30~40キロ。

 ★ポイント

 4本の桟橋があり、水深は2・5~5・8メートル。人気は深場を有する3号桟橋と5号桟橋。魚影が濃く、アタリ出しが早い。1号桟橋や2号桟橋の浅場でも好釣果が記録されることもある。

 ★釣り方

 宙、底を好みで選択。宙釣りなら竿8尺から15尺で、タナ1メートルから竿いっぱいのチョウチン釣り。底ならば段差の底釣りに実績がある。餌はバラケとウドンのセット。

 ★実釣

 釣りに行った先週末は寒波の影響で、午前6時の気温はマイナス5度。入場が始まると、2号から5号桟橋までの深場が先に埋まる。そこで、大穴狙いで1号桟橋に入った。7時、9尺竿タナ1メートルでスタート。バラケを人さし指の先大に付けて打つ。トップ先端まで馴染んだところで誘いを入れ、さらに何度か誘いをかける。バラケが抜けた状態で再び誘いをかけ、反応がなければ打ち返す。繰り返すこと40分。バラケが抜けた直後に“ツン”。しかし残念ながら空振りだ。「ようやく寄ってきたか」と続けるも、次のアタリまでに10分。しかもこれも空振り。厳寒期だけに、連続してアタリが出るほどの状態ではないのだ。

 予想以上に苦戦のスタートだが、他の桟橋では竿が立ち始めた。「1125グラムだ」。「こっちは1300グラム超」と聞こえてくる。5号桟橋の西村典明さん(68、川越市)は「開始直後からアタリが続いてるよ」と10時時点で20枚超。どうやら私だけ蚊帳の外のようだ。

 午後。12尺竿で段差の底釣りに変更。すると4投目。バラケが抜け、餌落ち目盛りまで上げてきた次の瞬間“チクッ”。合わせと同時に“ガツーン”の手応え。重い。左右に大きく暴れまわり抵抗する。ようやく玉網に取り込み、検量器に乗せると1170グラム。待望の1枚目が1キロ超えだ。これを境にアタリが出始め、状況が上向くかに思えた。しかし、3連続でヒットしたかと思えば口周辺へのスレ。結局、納竿間際に890グラムを追加して2枚のみ。ちなみに、この日のトップは35枚(29・71キロ)だった。 (APC・小澤浩)

 ★当日の餌

 バラケ=「粒戦」100cc、「とろスイミー」50cc、「バラケマッハ」200cc、「セットアップ」200cc、水150cc

 食わせ=「力玉」

ガイド

〈案内〉『つり処 椎の木湖』(電)048・565・4133〈交通〉東武伊勢崎線・羽生駅下車。タクシー利用。マイカーは東北自動車道・羽生ICを下り約5分〈料金〉1日2700円。時間は午前6時30分から午後3時30分(土日祝3時)まで。

  • 大型が釣れることで大人気。桟橋もこの混雑ぶりだ
  • 椎の木湖位置図