2017.5.10 05:02

サミー、ニコ超でスロ「サクラ対戦」お披露目会

サミー、ニコ超でスロ「サクラ対戦」お披露目会

特集:
SIR
SIRの柳瀬悠希(左)と桜井紗稀が、今週から導入が始まった「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」の魅力を解説しプレーした=千葉市・幕張メッセ

SIRの柳瀬悠希(左)と桜井紗稀が、今週から導入が始まった「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」の魅力を解説しプレーした=千葉市・幕張メッセ【拡大】

 サミーはこのほど、千葉市・幕張メッセで開催された体験型複合イベント「ニコニコ超会議」(略称・ニコ超)にブースを出展。今週から導入が始まった最新機種「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」のお披露目会を行った。

 本機の解説役としてサンスポがプロデュースするパチンコ、パチスロを打つアイドルグループ、SIR(サンスポ・アイドル・リポーター)の柳瀬悠希、桜井紗稀、王崎まりな、利根さやなが登壇、実際に遊技しながら同機種のゲーム性や面白さを観客に伝えた。

 解説を務めた柳瀬は、同機種について「好感度をためるといいことがあるっていうゲーム性がわかりやすい。みんなが大好きなあの曲(「檄!帝国華撃団」)もCZ中やART中に流れるので、テンションは上がりっぱなしです」と興奮しっぱなしだった。

 実戦を担当した桜井は「ARTは、自力と継続率管理の2つで継続のチャンスがあるから安心して打てると思います。単発が少なくなりそう!」と、2段階バトル型ART帝撃ラッシュのトリコになっていた。

 同ブースは一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)がパチンコ・パチスロの普及をめざして主催した「超パチンコ&パチスロフェスティバル2017」に賛同して設置したもの。ニコ超は4月29、30日と2日間開催されて15万人超が訪れる大盛況に。サミーのブースも大いににぎわった。