2016.12.24 05:00

【甘口辛口】加藤一二三九段、孫と戦うような新旧天才対決を前に、大熱戦を予告

【甘口辛口】

加藤一二三九段、孫と戦うような新旧天才対決を前に、大熱戦を予告

■12月24日

 76歳で現役の将棋の加藤一二三九段に、格別なクリスマスイブがきた。24日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館での竜王戦ランキング戦1回戦で、14歳の藤井聡太新四段と戦う。藤井四段は10月1日付で史上最年少プロ棋士になり、これがデビュー戦。62歳差は記録に残る公式戦で最大となる。

 「このたび神のはからいによって62歳差の最年少vs最年長対戦が実現する運びとなり、棋士冥利に尽きる思い」と加藤九段。過去に中学生プロは加藤九段と谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人だけ。今回更新された最年少記録は加藤九段が62年にわたって保持した金字塔だった。

 「14歳と76歳が同じ土俵の上で真剣勝負できる素晴らしい世界、それが将棋です」(同)。また藤井四段は2002年生まれで、十代の時に村上真一八段、野村慶虎七段という1800年代生まれの棋士と対戦経験がある加藤九段は、19世紀、20世紀、21世紀生まれの棋士と公式戦で指す空前の記録も達成する。

 タレント活動も精力的な加藤九段は、ネットの世界でアイドル級人気。前記コメントは公式談話だが、イブ対局が決まった際に「ひふみん」名義のツイッターでは意気込みを語りつつ、こうボケた。「ひふみん、うっかり将棋会館の敷地からはみ出して教会のミサに行かないよう気をつけなくては」

 敬虔(けいけん)なクリスチャンで、86年にはローマ法王ヨハネ・パウロ2世から「聖シルベストロ教皇騎士団勲章」を授与されている加藤九段。23日更新のツイッターは「明日のひふみん、おそらく教会へは行けない」。世代交代どころではない、孫と戦うような新旧天才対決を前に、大熱戦を予告した。 (親谷誠司)