2014.12.4 12:00

【竿々学々】東京湾のスミイカ、まずまずのスタート! 今シーズンは育ちが早い!?

特集:
竿々学々

――師匠、もう何度も聞いた気がしますが、イカで一番美味しいのは、スミイカですよね。

 「そろそろ言い出すだろうと思っていたら案の定だな。父君はもう出掛けたんじゃないか」

――ピンポ~ン!『今シーズンは、育ちが早い』って言っていました。

 「その通りだ。すでに600g級が顔を見せているからな。まだまだ200~300g級の小型も多いが、400、500g級が多くなってきたから、釣り応えも食べ応えも十分になってきた」

――父に聞いたんですが、最近はアオリイカと同じエギ(餌木)で釣る人も増えてきたそうですね。

 「ああ、西日本地区では、かなり以前からやられていたみたいだが、関東地区では、ここ何年か増えてきた感じだな。最近では、エギ専門の船も出るようになっているからな。俺は、やっぱりシャコを使ったテンヤ仕掛けの方が好きだが、若い連中はエギ派が多いようだな」

――実は、私もティップランに嵌ってまして…。

 「それじゃ、お前はティップランでやってこい。俺はテンヤで釣ってくる」

――そんなこと言わないで、師匠もエギでやりましょうよ。あれはあれで相当面白いですよ。師匠も絶対嵌りますから。

 「父君は、何でやっているんだ」

――父は頑固ですから、横浜の馴染みの船宿さんに出掛けてテンヤで釣ってきましたよ。

 「さすが父君。俺も久し振りに横浜に行ってくるかな。大分ご無沙汰しているからな」

――分かりましたよ。それじゃ、私も横浜に行きますよ。

 「お前は、ティップランに行ってくればいいじゃね~か。安房勝山の親しい船長が、一昨年からティップランの船を出しているから、そこに行ってこい。電話しておいてやるよ」

――えっ、ティップラン専門の船を出しているんですか。それは魅力的ですね。勝山ならアクアラインを使えば、近いですものね。

 「おお、アクアラインの恩恵は大きいよな。京葉道路で千葉周りなら2時間以上かかっていた所だからな」

――そうなんですよ。早朝なら新宿から木更津まで1時間かからないで着いてしまいますからね。お願いします。私、勝山へティップランに行ってきます。

 「分かった。船長に電話しておく。俺は横浜に行ってくるから“勝負”だな」

――分かりました。今回は、簡単には負けませんよ。

 「上等だ」