東京六大学野球

2018年秋季リーグ試合結果

▼2018/09/10(月) 法大−早大3回戦 (法大2勝1敗、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
法 大
早 大

(延長十一回)

【投手】
(法)三浦、高田、朝山、石川、菅野−中村浩
(早)小島、西垣、早川、今西−岸本
【責任投手】
(勝)石川2試合1勝
(敗)今西3試合1勝1敗
【本塁打】
(法)宇草1号ソロ(今西)
(早)檜村1号2ラン(三浦)
【戦評】
 法大は延長十一回二死無走者から宇草が右越えに勝ち越し本塁打を放った。0−3の八回に4番中山から3者連続適時打で逆転したが、九回に追い付かれた。早大は先発の小島が八回に崩れ、檜村の4安打3打点の活躍が実らなかった。