東京六大学野球

2018年秋季リーグ試合結果

▼2018/09/09(日) 早大−法大2回戦 (1勝1敗、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
早 大
法 大

(延長十一回)

【投手】
(早)西垣、早川、今西、小島−岸本
(法)高田、朝山、菅野、石川−中村浩
【責任投手】
(勝)今西2試合1勝
(敗)菅野1試合1敗
【本塁打】
(早)
(法)向山1号2ラン(小島)
【戦評】
 早大が終盤に打線がつながり競り勝った。八回に連打と失策などで3得点し、追いついた。延長十一回には3本の長打に犠打と四球を絡め3点を勝ち越した。法大はその裏、向山が2点本塁打を放ったが、一歩及ばなかった。
▼2018/09/09(日) 慶大−東大2回戦 (慶大2勝、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶 大 10
東 大
【投手】
(慶)森田晃、津留崎、太田、石井、高橋佑−郡司
(東)有坂、奥野、宮本、小林大−三鍋
【責任投手】
(勝)森田晃1試合1勝
(敗)有坂2試合1敗
【本塁打】
(慶)中村2号2ラン(小林大)
(東)
【戦評】
 慶大打線は甘い球を逃さず畳み掛けた。同点の六回は渡部の左前打を足場に、死球を挟んだ5連打などで6点。七回に1点、九回に中村が2点本塁打を放った。東大は六回、3長短打などで3点を返したが、その後は継投にかわされた。