東都大学野球

2018年秋季リーグ試合結果

▼2018/09/11(火) 国学院大−立正大1回戦 (国学院大1勝、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
国学院大
立正大
【投手】
(国)清水−横井
(立)糸川、山本、鈴木−木下
【責任投手】
(勝)清水1試合1勝
(敗)糸川2試合1敗
【本塁打】
(国)
(立)伊藤裕1号ソロ(清水)
【戦評】
 国学院大は五回に工藤の適時二塁打で2点を先制し、八回にも1点を追加。清水は安定した投球で3安打に抑え、1失点完投した。立正大は投手陣の踏ん張りに打線が応えられず、伊藤裕の本塁打による1点しか挙げられなかった。
▼2018/09/11(火) 亜大−中大1回戦 (中大1勝、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
亜 大
中 大
【投手】
(亜)中村稔、山城−佐久本
(中)畠中、喜多川、伊藤−田畑
【責任投手】
(勝)伊藤1試合1勝
(敗)山城1試合1敗
【本塁打】
(亜)
(中)
【戦評】
 中大が逆転で接戦を制した。七回に1点を勝ち越されたが、その裏に失策を足がかりに無死満塁とし、3番牧、4番吉田叡の連続適時打で3点を奪った。亜大は2番手の山城が粘れず、打線は畳み掛けることができなかった。