東都大学野球

2018年春季リーグ試合結果

▼2018/05/15(火) 東洋大−立正大1回戦 (立正大1勝、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東洋大
立正大 12
【投手】
(東)上茶谷、山下雅、阿部博−佐藤
(立)渡部、桑村、木寺、釘宮−木下、池田
【責任投手】
(勝)渡部6試合2勝2敗
(敗)上茶谷7試合4勝1敗
【本塁打】
(東)佐藤2号2ラン(渡部)
(立)伊藤裕2号2ラン(上茶谷)
【戦評】
 立正大は逆転された直後の五回二死無走者から攻め、荒原の3点二塁打などで6点を挙げた。七回にも4点。渡部は7回3失点で今季2勝目をマークした。東洋大は上茶谷が5回途中7失点で、守備の乱れも響いた。
▼2018/05/15(火) 亜大−国学院大1回戦 (亜大1勝、神宮)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
亜 大
国学院大
【投手】
(亜)中村稔−頓宮
(国)清水、小玉、吉村−横井
【責任投手】
(勝)中村稔7試合4勝3敗
(敗)清水5試合2勝2敗
【本塁打】
(亜)阿部1号ソロ(清水)
(国)
【戦評】
 亜大が競り勝った。リードを3度追い付かれたが、八回に高橋の適時打などで4点を勝ち越した。中村稔は8安打を許しながらも要所を締め、3失点完投で今季4勝目をマークした。国学院大は清水が粘れなかった。