黒田正宏 軍師の断

2019.8.15 08:00

早い仕掛けに感じた阪神・矢野監督の“変わり身”

 (セ・リーグ、中日3-6阪神、20回戦、中日12勝7敗1分、14日、ナゴヤD)逆転の6連打を呼んだのは矢野監督の積極的な仕掛けだ。五回2死から代打・木浪を送った。四回まで3失点の秋山を、もう少し投げさせるものだと思っていたし、2死無走者だから、今までのさい配なら秋山を打席に立たせて続投だったのではないか。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【黒田正宏 軍師の断】阪神、特定の打者に打たれすぎ!もう一度検証し話し合いを
  • 【黒田正宏 軍師の断】虎の勢いに水差したガルシア
  • 【黒田正宏 軍師の断】拙守ソラーテ、打力で黙らせろ
  • 【黒田正宏 軍師の断】五回、平田に一発だけは打たれてはいけなかった阪神・望月
  • 【黒田正宏 軍師の断】阪神、4番大山なら5番はタイプ異なる高山
  • 【黒田正宏 軍師の断】梅野リードに苦言…敗因は慎重さ足りない配球
  • 【黒田正宏 軍師の断】阪神・原口&近本、慌てる必要のない場面で…流れ手放すプレー
  • 【黒田正宏 軍師の断】阪神・遥人の痛恨1球、もっと厳しくボール球にしなければ

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 黒田正宏 軍師の断