八木裕 神眼スコープ

2019.4.14 08:00

「まわし打ち」してみては

 (セ・リーグ、阪神2-10中日、2回戦、中日2勝、13日、甲子園)先手を取られると打線が低調なので一気に苦しい展開になる。開幕からこのパターンが続いている。ベンチは打線を組み替えて工夫しているが、効果が薄いのが現状。好調を維持している選手がほとんどいないので、仕方がない。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【八木裕 神眼スコープ】阪神・梅野の好調要因“けがの功名”
  • 【八木裕 神眼スコープ】阪神、低めに丁寧に投げたメッセお手本に
  • 【八木裕 神眼スコープ】「代打」「代走」「継投」阪神・矢野監督のさい配見事
  • 【八木裕 神眼スコープ】阪神・大山よ、凡打の内容も問われるのが4番
  • 【八木裕 神眼スコープ】打者は「超積極的」でも準備不足
  • 【八木裕 神眼スコープ】送りバントだけでなく打ってつなげられる阪神D1・近本
  • 【八木裕 神眼スコープ】上本は守備、走塁面もライバルにひけ取らない
  • 【八木裕 神眼スコープ】阪神・福留、藤浪に「復活しろ」のメッセージ

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 八木裕 神眼スコープ