「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

2019.2.10 18:00

和製4番待望論浮上、マルテ最有力候補も3・29開幕は大山がベストアンサー

 開幕4番はサード大山!? いずれにせよ和製4番こそチーム&マルテ成功のベストアンサーかもしれません。阪神の沖縄・宜野座春季キャンプは第3クールに突入。第2クールの7日には初の紅白戦が行われ紅白の4番には中谷と大山が入りました。これは紅白戦ならでは…の打順? いやいや日本人の4番実現こそチームの流れに沿い、ジェフリー・マルテ内野手(27)を日本で成功させるための最善策…と球団の内部からは和製4番待望論が漏れ伝わります。3・29開幕(ヤクルト戦=京セラD)の4番打者は大山悠輔内野手(24)なのかもしれません。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】和製4番待望論浮上、マルテ最有力候補も3・29開幕は大山がベストアンサー
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】キャンプ第1クールで痛感!激しく鍛えた“金本チルドレン”の成長が矢野阪神躍進の鍵
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ガンバレ原口!! 大腸がん公表で捕手構想は練り直し、矢野監督の善後策に期待
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】正妻だった矢野新監督、3人の“後妻業の男たち”をどうさばく?
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】鳥谷が勝負を直訴したショート、北條でも植田海でも143試合固定がリーグ制覇の条件
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】走って守れるD1位・近本、「中堅・1番」固定なら矢野流機動力野球が理想に近づく
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】新年に朗報を届けます、開幕「4番・一塁」マルテに信頼できる3つの裏付けあり
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】西、ガルシア、マルテ…戦力は「確定」に待った! 補強の扉閉じずに調査は継続すべき

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記