「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

2018.12.9 18:00

西獲得には拍手を送りたいが…虎投の駒は豊富も継投策に大きな不安あり

 西獲得でも虎投には気になる“死角”があります。阪神はオリックスからフリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)の獲得に成功しました。プロ10年で74勝65敗、2桁勝利が通算5回の右腕を得たことは矢野燿大監督(50)にとっても心強い限りですね。それでも投手陣に対して「本当に心配」という球団内外の声は消えません。なぜか? 新たな首脳陣の中で一軍での投手継投策を実践したことがあるのは新監督だけ。清水ヘッド、福原投手コーチ、藤井バッテリーコーチは継投策については初体験なのです。全てが「矢野頼み」で果たして大丈夫でしょうか?【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】西獲得には拍手を送りたいが…虎投の駒は豊富も継投策に大きな不安あり
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】巨人がすさまじい限りの補強、劣勢払拭には4番を打てるメジャーの大物助っ人獲得しかない
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】矢野監督の力強い「来季必勝宣言」を分析すれば“キモ”は脱・金本采配に尽きる
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】勝負の4年目を迎える高山は福留を代打に追いやれ、矢野阪神の来季キーパーソンだ
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】矢野新監督の命運握るオリックス・西獲り、立ちはだかるのはソフトバンクの“上乗せ戦術”
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】矢野監督は脱金本でチームの空気を変えることから着手、まずはじっくりお手並み拝見
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ともに捕手出身…矢野監督の考えはノムラの考えと一致 チーム再建の起爆剤は機動力にあり
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】矢野新監督の男気に救われた金本監督解任劇、天国か地獄か…藤浪再生がすべて

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記