「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

2020.5.24 18:00

“短期決戦”の鉄則は開幕ダッシュ、矢野監督に問われる知力と戦力

 全てが異常日程&異常ルールの中で阪神は試練を乗り越える「知力と戦力」が試されます。新型コロナウイルスの感染拡大でシーズン開幕を延期していたプロ野球は東京都など5都道府県の緊急事態宣言が解除されるのを待って、25日にも6月19日開幕を正式発表します。しかし、移動時の感染リスクを防ぐため、開幕直後はセ・リーグは関東地区、パ・リーグは西日本地区に6球団を集結させて試合を行い、夏場には試練の9連戦を組む方向です。さらに疲労が新型コロナウイルスの感染を招く…という危惧からベンチ入り枠を昨季までの25人から30人前後に拡大する案も急浮上しています。「2020年特別ルール」に備えて虎は牙をむかなければなりません。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】“短期決戦”の鉄則は開幕ダッシュ、矢野監督に問われる知力と戦力
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】支配下選手枠70人→40人の強烈リストラ案浮上も…阪神は年俸削減案で巨人と二人三脚
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神と巨人が共闘…6・19開幕の舞台裏、週明けオーナー会議と12球団代表者会議に注目
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】七夕開幕も“球界の常識”通用しない世界が待つ、それでも夢と希望を与えてほしい
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】試合数減+無観客で年俸大幅削減は避けられない、選手は重大覚悟を
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】コロナ禍開け6・19開幕なら外国人枠撤廃を主張すべきだ
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】143→100への短期決戦、60勝戦略へ3つの絶対的法則
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪ら7選手が参加でミニクラスター、巨人と対立で球団経営を揺さぶる事態も

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記