「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

2019.3.17 18:00

藤浪の無期限2軍落ちは激痛!! 再生なければ各方面に悪影響及ぶ

 激痛の藤浪開幕2軍…阪神球団は傷ついた右腕の再生に総力を挙げなければなりません。阪神・藤浪晋太郎投手(24)は12日の中日戦(ナゴヤD)に先発、4回無安打1失点ながら4四死球の乱調。矢野監督と話し合った結果、2軍で無期限の再調整することが決まりました。4年前、エースの座が目前だった右腕がどうしてここまで“崩壊”したのか。全てを藤浪自身の問題とはせず、球団として原因を究明し、再生策を見いださないといけません。「阪神は藤浪さえ育てられなかった」というレッテルがさまざまな部分に大きな弊害を起こすからです。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪の無期限2軍落ちは激痛!! 再生なければ各方面に悪影響及ぶ
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】複数球団から投手求めるトレードの打診、野田⇔松永で大失敗の暗黒球団史繰り返すな
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】昨季甲子園球場で借金18、対策は大丈夫なのか? 地の利なければ昨年の二の舞
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】メッセは日本人登録、開幕カードは外国人総動員の5人体制でスタートダッシュだ
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】矢野監督に課せられた難題、レギュラー決定の時期と理由は重要な仕事
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】和製4番待望論浮上、マルテ最有力候補も3・29開幕は大山がベストアンサー
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】キャンプ第1クールで痛感!激しく鍛えた“金本チルドレン”の成長が矢野阪神躍進の鍵
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ガンバレ原口!! 大腸がん公表で捕手構想は練り直し、矢野監督の善後策に期待

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記