2021.5.21 21:34

広島コロナ陽性計11人 阪神3連戦延期に佐々岡監督「ファンに申し訳ない」

広島コロナ陽性計11人 阪神3連戦延期に佐々岡監督「ファンに申し訳ない」

広島の選手のコロナ感染により中止になった球場正面では、入場ゲートの撤去作業が行われていた=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

広島の選手のコロナ感染により中止になった球場正面では、入場ゲートの撤去作業が行われていた=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

 20日までに選手ら計10人の新型コロナウイルス陽性者を出した広島は21日、日本野球機構(NPB)と臨時プロ野球実行委員会で協議した結果、21-23日の阪神3連戦(マツダ)の延期を決定したと発表した。佐々岡真司監督(53)は代表取材に応じ「ファンに申し訳ない気持ちでいっぱい」とコメント。保健所から活動停止の指示はなく、22日から本拠地で練習を再開する。代替日は未定。

■独自の判断で全体練習取りやめ

 カープを襲ったコロナ禍が止まらない。午前11時から日本野球機構(NPB)と臨時プロ野球実行委員会で協議した結果、21-23日の阪神戦(マツダ)の延期が決まった。代表取材に応じた佐々岡監督は、困惑した表情を浮かべた。

 「当然こういうことは初めてだし、週末を楽しみにしていたカープファンももちろん、タイガースファンにも申し訳ない気持ちでいっぱい」

 代替日は未定で、今後については保健所とNPBと協議して決める。交流戦前の最後の同一リーグの対戦となる首位阪神との3連戦は、すでに上限いっぱいの約1万6000人分が完売していたが、この日から払い戻しを始めた。

 球団はこの日、保健所の指示ではなく、独自の判断で全体練習を取りやめた。17、20日に続き1軍の監督、コーチ、選手ら計76人にPCR検査を実施し、新たに倉バッテリーコーチの感染が判明。チームでは11人目となった。

 17日に40度近くの発熱を訴えていた菊池涼、無症状だった小園、正随の感染が発覚。18日に登録抹消となった。20日には1軍と2軍の計146人に実施した一斉検査で新たに鈴木誠、長野、羽月、石原、大盛、朝山打撃コーチ、スタッフの計7人が陽性判定。鈴木誠、長野、羽月はこの日、登録抹消された。

 指揮官は球団事務所でマネジャーとミーティングし、22日から感染拡大を予防した上で練習再開を予定しているが、予断が許さない状況が続く。

 「(菊池涼は)聞いた話では熱が下がって回復しているみたい。元気だと。チームとしても感染防止はしっかりしていた。だからこそ本当に怖い」

 チームは1、2軍ともにホーム、ビジター問わず基本的に外食は禁止としていた。厳しくコロナと向き合ってきたが、感染拡大が大きな影を落とすことになった。(柏村翔)