2021.5.18 05:01(1/2ページ)

ヤクルト・村上、25歳以下の部でイケメン総選挙No.1 名実ともに燕の顔に

ヤクルト・村上、25歳以下の部でイケメン総選挙No.1 名実ともに燕の顔に

  • 1位ヤクルト・村上宗隆
  • 2位ヤクルト・奥川恭伸
  • 3位ヤクルト・長谷川宙輝
  • 4位ヤクルト・元山飛優
  • 5位ヤクルト・長岡秀樹
  • 6位ヤクルト・金久保優斗
  • 7位ヤクルト・梅野雄吾
  • 8位ヤクルト・内山壮真
  • 9位ヤクルト・清水昇
  • 10位ヤクルト・木沢尚文

 セ・リーグ3位のヤクルトは18日から、今季6敗1分けと未勝利の首位・阪神との3連戦(甲子園)に臨む。17日に恒例となった球団企画「みんなのイケメン総選挙」の投票結果が発表され、25歳以下の部で村上宗隆内野手(21)が初めて1位に輝いた。プロ4年目で球団の顔となった大砲が、阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=との4番対決を制してチームを勝利に導く。

 今年で第4回を迎えたイケメン総選挙。新設された25歳以下の部で21歳の村上が1位に輝いた。入団2年目の2019年に新人王に輝き、昨季は最高出塁率のタイトルを獲得。今季はセ・リーグトップの11本塁打(17日現在)を放っており、プロ4年目で名実ともに球団の顔となった。

 新たな“称号”を手に、虎に反攻する。18日からは首位・阪神との3連戦。今季、チームは阪神戦に未勝利(6敗1分け)で、4番対決で負けるわけにはいかない。阪神の4番は1学年上のD1位・佐藤輝(近大)。リーグ2位タイの10本塁打をマークしており、左の大砲同士として注目が集まる。

 開幕前に村上は「体も大きいですし、負けないように頑張ります」と佐藤輝に静かに闘志を燃やしていた。他球団の4番については「打撃タイトルを取れるのは一人しかいない。個人としても、チームとしても負けたくない思いはあります」と明かしており、負けるわけにはいかない。

【続きを読む】