2021.5.18 07:30

【なるべく週刊エモト】緊急事態宣言終了後は延長十二回までに 九回打ち切りで引き分けの多さは異常…

【なるべく週刊エモト】

緊急事態宣言終了後は延長十二回までに 九回打ち切りで引き分けの多さは異常…

特集:
なるべく週刊エモト
江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)が、プロ野球の引き分けの多さに、げんなりしている。今季はコロナ禍により試合は9回で打ち切り。「このままでは-」ともろもろの弊害を挙げ、制度の再考を呼びかけた。 (構成=内井義隆)

 --お疲れのご様子で

 「きのう(16日)夜、『プロ野球ニュース』に出たら、6カード中、4試合が引き分けだった。コロナ禍による九回打ち切り制度が原因であることは、百も承知で言わせてもらう。異常だよ」

 --両リーグ全265試合では約14%の37試合が引き分け。7試合中、1試合の確率です

 「いまのところ、九回打ち切りで、ゲームが面白かったことはない。ある程度、引き分けがあるのはしかたないにしても、勝敗を競うペナントレース本来の姿からは、かけ離れていく。ただの日程消化ゲームになってしまう」

 --仮に「1勝142分け」のチームがあったとしたら「勝率10割」で優勝です

 「勝ち、負けのドラマがなくなり、悲喜こもごも、喜怒哀楽といった刺激を失う。やる方も見る方も面白みに欠ける」

 --確かに

 「選手の記録などにも影響するぞ」

 --投手の勝ち星は増えず、打者の打席数も減ります

 「ベンチの采配も単純で、消化不良!」

 --同点になると守りに入りがち…

 「このまま引き分けが増えていく可能性は高い。やはり、勝ち負けを争う原点に立ち返らないといかん。そこで、だ」

 --はい

 「せめて6月、緊急事態宣言があけてからは、延長を十二回までにしたらどうだろう」

 --飲食店などへの夜間休業要請も、緩くなるでしょうからね

 「3イニング延びたからといって、感染リスクが高まるとは思えない。現に開催球場でクラスターが発生したという報告はない」

 --ありません

 「いままで以上に安全対策をとれば、やれるはずだ。一度決めたから…と、九回打ち切りにこだわる必要はない。臨機応変に、再考してもらいたいね」

プロ野球日程へ