2021.5.17 22:04

関東第一の市川「良いリズム」 投打で存在感示す/春季関東大会

関東第一の市川「良いリズム」 投打で存在感示す/春季関東大会

 春季高校野球関東大会(第3日、山日YBS)準々決勝2試合が行われ、桐光学園(神奈川)は関東学園大付(群馬)に1-0で勝ち、4強進出を果たした。六回から登板したエース・中嶋太一投手(3年)が4回無安打無失点と好投し、接戦をものにした。関東第一(東京)は1回戦で東海大相模(神奈川)を破った日本航空(山梨)に7-3で快勝した。

 関東第一のエース右腕・市川は圧巻の投球でベスト4進出に貢献。2ー3の五回に相手守備の失策などが絡んで勝ち越すと、直後の六回から登板した。4回を2安打無失点と好救援し、「逆転した直後で良いリズムに乗れた」とうなずいた。六回の攻撃では追加点を後押しする安打も放ち、投打で存在感を示した。