2021.5.18 02:00

広島・菊池涼ら3選手がコロナ陽性

広島・菊池涼ら3選手がコロナ陽性

広島・菊池涼介

広島・菊池涼介【拡大】

 プロ野球広島は17日、菊池涼介内野手(31)、小園海斗内野手(20)、正随優弥外野手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。管轄の保健所の調査で、チーム内に濃厚接触者はいないと判断されたという。

 球団によるとこの日、菊池涼に発熱があり、検査で陽性が判明。それを受けて1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ計74人を対象に検査を実施し、小園、正随が陽性と判定された。他は結果待ちの2人を除いて70人が陰性だった。熱の症状がある菊池涼は自宅で療養しており、小園、正随は無症状で体調に異常はなく、自宅待機となった。

 チームは18日から東京ドームで巨人との2連戦が予定されており、球団は独自の判断で選手を入れ替えて臨む方針。本拠地マツダスタジアムのベンチなど、選手が使用する施設を消毒し「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知徹底を図る」とした。