2021.5.16 05:03(1/3ページ)

大谷、衝撃!グリーンモンスター越え11号ソロ MLB公式ツイッター「人間じゃない」

大谷、衝撃!グリーンモンスター越え11号ソロ MLB公式ツイッター「人間じゃない」

特集:
大谷翔平
体勢を崩され、右手一本になりながら左方向に打球を運んだ大谷。グリーンモンスターを越える衝撃の一発となった (AP)

体勢を崩され、右手一本になりながら左方向に打球を運んだ大谷。グリーンモンスターを越える衝撃の一発となった (AP)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 【ボストン(米マサチューセッツ州)14日(日本時間15日)=竹濱江利子通信員】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)はレッドソックス戦に「2番・DH」でフル出場し、六回にフェンウェイ・パーク名物の巨大フェンスは、これが初の本塁打。チームは3-4で敗れて3連敗を喫したが、右手一本の一打で衝撃を与えた。

 左翼にそびえる高さ11・3メートルの壁を軽々と越えた。球場名物「グリーンモンスター」も、この男の前には意味をなさない。「有名なところに打てたのは、すごく良かった」。大谷は、口元を小さく緩ませた。

 0-2の六回、開幕5連勝中の右腕ピベッタの初球、外角球をストライクと判定され「ボール気味の球を取られたので、ある程度ケアしながら」と狙いを外に広げた。3球目、外角低めに沈むカーブにやや体勢を崩されたが、最後は右手一本で打球を巨大フェンスの上の観客席まで飛ばした。

 今季初の逆(左)方向へのアーチに「どこにも打てるというのが一番いい状態」と胸を張った。メジャー全体で2位タイ、ア・リーグでトップに並ぶ今季11号は“元祖二刀流”ベーブ・ルースがレッドソックスでデビューを飾ったフェンウェイ・パークでの自身初アーチにもなった。

【続きを読む】