2021.5.15 22:10

阪神・佐藤輝、3本の二塁打「プラスに捉えてやりたい」

阪神・佐藤輝、3本の二塁打「プラスに捉えてやりたい」

特集:
佐藤輝明
3回 阪神・佐藤輝が勝ち越し中適時二塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

3回 阪神・佐藤輝が勝ち越し中適時二塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 (セ・リーグ、巨人5-3阪神、8回戦、4勝4敗、15日、東京D)阪神の佐藤輝が3本の二塁打を放ち、18試合連続出塁と気を吐いた。3打点を挙げ、4番打者として打線を活気づけたが、チームは逆転負けし「(結果が出たことを)プラスに捉えてやりたい」と気を引き締めた。

 一回2死三塁で低めに沈む変化球を逆方向の左中間へ鋭く運ぶ適時二塁打をマーク。1-2の三回1死一、二塁では外寄りのカーブを豪快に引っ張り、右中間へ2点二塁打を放った。ともに追い込まれてから、サンチェスの変化球を捉え「しっかり対応できたのは良かった」とコメント。八回には左腕中川のスライダーを右翼線にはじき返した。

 背中の張りで離脱中の大山に代わり、7日から4番を務める。「走者をかえすことが仕事。継続してやりたい」と頼もしかった。

矢野監督(19打数無安打のロハスを16日はベンチ入りメンバーから外す方針を示し)「タイミングが合っている感じで振っていることが少ない」

試合結果へプロ野球日程へ