2021.5.15 17:54

オリックス・吉田正が楽天・田中将から逆転8号3ラン「最高の結果になってくれてよかった」

オリックス・吉田正が楽天・田中将から逆転8号3ラン「最高の結果になってくれてよかった」

6回、3点本塁打を放つオリックス・吉田正=ほっともっとフィールド神戸(撮影・薩摩嘉克)

6回、3点本塁打を放つオリックス・吉田正=ほっともっとフィールド神戸(撮影・薩摩嘉克)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス-楽天、7回戦、15日、ほっと神戸)オリックス・吉田正尚外野手(27)が、初対戦の楽天・田中将大投手(32)から逆転の8号3ランを放った。

 「打ったのはツーシームだと思います。少ないチャンスでしたし、チームみんながつないでくれたチャンスだったので、最高の結果になってくれてよかったです!」

 0-2の六回1死一、二塁。福田、宗の連打で得点圏に走者を置いた状態で打席に入ると、1ボールからの2球目。外角145キロのボールをフルスイングし、左翼席に運んだ。

 プロ通算99本塁打目は左翼フェンスをギリギリ越える打球だったため、一度、審判団によるリプレー検証が行われたが、結果は本塁打の判定のまま。オリックスファンからは、盛大な拍手が巻き起こった。

 2010年6月29日(京セラ)での一戦で黒星を付けて以来、10連敗中の田中将からオリックスの主砲が劇的な一撃を放った。

試合結果へプロ野球日程へ