2021.5.13 15:13

阪神・藤浪がウエスタン・オリックス戦に先発も5回7失点の炎上

阪神・藤浪がウエスタン・オリックス戦に先発も5回7失点の炎上

特集:
藤浪晋太郎
先発した阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム(撮影・斉藤友也)

先発した阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム(撮影・斉藤友也)【拡大】

 (ウエスタン・リーグ、オリックス-阪神、13日、オセアンBS)阪神・藤浪晋太郎投手(27)が先発するも、5回9安打2四球、7失点と炎上した。最速は155キロだった。

 二回、四球と安打、自身の暴投で無死二、三塁とされると、佐藤優に中越えの2点二塁打を浴びた。その後、2者連続で空振り三振に斬るも、暴投で2死三塁。宜保に中前適時打を許した。

 五回には、先頭の鶴見に四球を与えると、連打で無死満塁とされる。続くD3位・来田(明石商高)は投手へのゴロも、藤浪が本塁へ悪送球で、2点を追加された。なおも無死一、二塁で西野に左中間へ2点二塁打。この回4点を追加された。

 藤浪は今季、開幕投手を務めたが、4月23日のDeNA戦(甲子園)で5回途中を2安打4失点、7四死球で負け投手になり、翌24日に出場選手登録を抹消された。

 30日の広島戦(由宇)では中継ぎで3回6安打3失点、3四死球。5月6日の中日戦では、5回2安打1失点、3四球と制球に課題を残していた。