2021.5.13 05:01

巨人・高橋、初の月間MVP御礼投 開幕6連勝はお預け

巨人・高橋、初の月間MVP御礼投 開幕6連勝はお預け

高橋は六回途中4安打2失点。6勝目は逃したが、堂々の投球を披露した

高橋は六回途中4安打2失点。6勝目は逃したが、堂々の投球を披露した【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA5-5巨人=九回規定により引き分け、8回戦、巨人5勝3分、12日、横浜)6勝目がスルリとこぼれ落ちた。巨人・高橋優貴投手(24)は六回途中まで4安打2失点と粘ったが、八回に救援陣が逆転を許し、勝ち星が消えた。

 「六回を投げ切れなかったことが反省。この投球をしてしまうと1、2年目と同じ繰り返しになってしまう」と3四球で満塁として降板したことを反省した。2番手の野上が宮崎を中飛に抑えてベンチに戻ってくると、先輩に深々と頭を下げて感謝した。

 荒れ球は持ち味ではあるが、昨年までは制球難で自ら崩れる場面も多かった。この日は3年目で自身初の月間MVPを受賞。24歳左腕は「リリーフ陣に迷惑をかけないよう、イニングを投げ切れるように」と今後の課題を口にした。(伊藤昇)

3-2の六回2死満塁で2番手として登板し、無失点に抑えた巨人・野上「点差や状況などからマイナスなことを考えないように、大城のミットめがけて投げた」

試合結果へプロ野球日程へ