2021.5.13 05:00

オリックス・山本、7回2失点も援護なく4敗「最少失点で粘りたかった」

オリックス・山本、7回2失点も援護なく4敗「最少失点で粘りたかった」

1回、力投するオリックス・山本由伸=東京ドーム(撮影・桐原正道)

1回、力投するオリックス・山本由伸=東京ドーム(撮影・桐原正道)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム2-1オリックス、8回戦、日本ハム4勝2敗2分、12日、東京D)山本は7回4安打2失点と好投するも、打線の援護がなく4敗目(3勝)。二回に王柏融にソロを浴び、七回に大田に適時打を許してプロ入り後初となる2試合連続の黒星となった。最速157キロを計測するなど状態は悪くなかったが「勝負どころで制球が甘く入ってしまったことが悔しいですし、なんとか最少失点で粘りたかったです」と悔やんだ。

試合結果へプロ野球日程へ