2021.5.9 05:03(1/2ページ)

阪神D1位・佐藤輝、誕生日登板の伊藤将に「打点プレゼント」 同期の絆、祝福2打席連続タイムリー

阪神D1位・佐藤輝、誕生日登板の伊藤将に「打点プレゼント」 同期の絆、祝福2打席連続タイムリー

特集:
佐藤輝明
2021新人情報
五回にダメ押しタイムリーを放つ佐藤輝。2適時打と、まさに4番の働きだ(撮影・水島啓輔)

五回にダメ押しタイムリーを放つ佐藤輝。2適時打と、まさに4番の働きだ(撮影・水島啓輔)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 “同期のサクラ”が満開、4番から粋なバースデーブレゼントだ! 阪神はDeNAに4-1で快勝。ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が2本の適時打を放ち、誕生日に先発した同2位・伊藤将司投手(25)=JR東日本=の3勝目を強力アシストした。28打点はリーグ単独トップに浮上。貯金を13に戻して首位快走の虎を、新4番がグイグイ引っ張る!!

 真っ白なクリームの乗ったケーキの代わりに、キラキラと輝く白星をプレゼントした。佐藤輝が2本のタイムリーで同期の伊藤将の誕生日を祝い、虎の首位固めに貢献。これぞ、4番。在任3試合目とは思えない、貫禄十分の働きだ。

 「(伊藤将に)“打点というプレゼント”で、良かったと思います。やっぱりランナーがいる場面で、しっかりヒットでも何でも打点を稼ぐことができたので、良かったです」

 テレ笑いとともに声を弾ませた。まずは0-0の四回。1死三塁がマルテの二飛で2死となってから打席へ。2ストライクから、来日初先発のロメロの151キロツーシームを鋭くとらえた。

 遊撃手が二塁ベース後方を守るシフトを敷かれた中、狭まった二遊間を強烈な打球で抜いた。中前への先制打。追いつかれた直後の五回には、2点を勝ち越し、なお2死一、二塁からダメ押しの右前適時打を放ち、リードを4-1と広げた。

 今季11度目のマルチ(複数)安打となる2安打で、自己最長を更新する6試合連続安打。さらに2打点で今季28打点。26打点で並んでいた巨人・岡本和を超え、堂々の単独トップ。1958年の巨人・長嶋茂雄以来となる新人打点王の誕生も予感させる打棒だ。

 得点圏打率も・333(33打数11安打)。「より集中して、甘い球を逃さないように。相手もより厳しいところに投げてくると思うので。ランナーがいたら。そこは意識してやっています」。大山の負傷離脱の影響を感じさせない勝負強さでチームをけん引している。

【続きを読む】